ColorQuantize

ColorQuantize[image, n]
異なる色を n 色しか使わないように image を近似する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ColorQuantizeはデフォルトで色の量子化誤差を拡散するためにディザリングを使う.
  • Dithering->Falseではディザリングは適用されない.
  • ColorQuantizehは,グレースケール画像,カラー画像,任意の多チャンネル画像に使うことができる.
  • グレースケールの画像や3チャンネルの画像に対しては,ColorQuantizeはもとの色空間で作業する.その他のカラー画像については,Lab色空間での量子化が行われる.色空間がAutomaticに設定されている画像では,ColorQuantizeはすべてのチャンネルを平均化することで,画素の明度に対して働く.
  • ColorQuantizeImage3Dオブジェクトに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

トゥルーカラーの画像を10の離散色値で近似する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

デュオトーンの画像を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »