ColorSeparate

ColorSeparate[image]
image 中の各カラーチャンネルに対応する単一チャンネルの画像のリストを返す.

ColorSeparate[image, colorspace]
colorspace の要素に対応する画像のリストを返す.

詳細詳細

  • ColorSeparateは任意数のカラーチャンネルを含む画像に使うことができる.
  • ColorSeparate[image, {c1, c2, ...}]は指定された色成分を抽出する.
  • 使用可能な色空間指定:
  • "Grayscale","Gray","Intensity"グレーレベルの明度
    "RGB"赤,緑,青
    "RGBA"赤,緑,青,アルファ
    "CMYK"シアン,マジェンタ,黄,黒
    "Cyan","Magenta","Yellow","Black"シアン,マジェンタ,黄,黒
    "HSB"色相,彩度,明度
    "Red","Green","Blue"赤,緑,あるいは青のチャンネル
    "Hue"色相
    "Saturation"彩度
    "Brightness"明度
    "Mean"すべてのチャンネルの平均
    "Alpha"アルファチャンネル
    "Luminance"輝度チャンネル
    "XYZ"CIE XYZ色空間のチャンネル
    "LAB"CIE LAB色空間のチャンネル
    "LUV"CIE LUV色空間のチャンネル
  • ColorSeparateImage3Dオブジェクトにも使うことができる.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »