MATHEMATICA 組込みシンボル

ColumnWidths

ColumnWidths
低レベル関数GridBoxのオプションとして使われ,列の幅を指定する.

詳細詳細

  • 次の設定を使うことができる.
  • All改行なしですべての行がフィットする幅
    Automatic列間で自動的に分割される使用可能な幅
    Scaled[s]有効幅に対する割合 s
    n現行フォントでem n 個分の幅
    {w1,w2,...}i に幅 の指定
  • ColumnWidths->{w1, w2, ..., wn}では,列数が n よりも多いときは, の指定が繰り返される.
  • ColumnWidths->Automaticでは,列内の要素より広い幅は使われない.
  • ColumnWidthsの明示的な設定値が与えられると,ColumnsEqual->Trueが無効になる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

em幅単位で列の幅を設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

列幅を全体幅との割合で設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

すべての列の幅を等しくする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=
バージョン 3 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »