CompilationTarget

CompilationTarget
Compileのオプションで,コンパイルされた関数のターゲットランタイムを指定する.

詳細詳細

  • CompilationTargetは関数をコンパイルする際に適用される.
  • 使用可能な設定値:
  • "WVM"Wolfram仮想マシン
    "C"Cコード
  • は,従来の Mathematica 仮想マシンのコードを作成する.
  • はCコードを作成する.これは,外部マシンのコードライブラリにコンパイルされ,Mathematica にリンクされて戻される.
  • のターゲット指定時に作成される外部ファイルは,使用後あるいは Mathematica の終了時に削除される.
  • Cコードをターゲットとするためには適切な外部Cコンパイラが必要である.外部コンパイラが見付からなければ,Mathematicaを使用する.
  • あるいはのどちらかのターゲットが指定されると,下記の追加設定が使用可能になる.
  • RuntimeAttributes -> ListableListable属性を有する関数をコンパイルする
    Parallelization -> True可能な場合複数のスレッドを使おうとする

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

CompileからCコード生成がターゲットにできる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

次はCコードを使ってコンパイルしている:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Cコードの生成の方が速く実行できる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

WVMを使ったデフォルト操作の方が遅い:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Cコード生成と並列操作を組み合せるとさらに速くなる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »