CompiledFunction

CompiledFunction[args, argregs, nregs, instr, func]
コンパイルされた関数を評価するコンパイルコードを表す.

詳細詳細

  • Compileは,適切な引数に適用することで実行可能なCompiledFunctionオブジェクトを作成する.
  • 明示的に構築されたCompiledFunctionオブジェクトは,実行することができる.このようなオブジェクトがMathematica によって最初に評価される際,基本的な一貫性のチェックが行われる.
  • CompiledFunctionオブジェクトの中のコードは,理想化されたレジスタマシンに基づく.
  • CompiledFunctionオブジェクトはネイティブにコンパイルされたオブジェクトを追加的に参照することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

CompiledFunctionオブジェクトはCompileによって生成される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

CompiledFunctionオブジェクトは通常のFunctionオブジェクトとして使うことができる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

可能な場合,引数は実数に近似するように強制される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

例外的な値に遭遇するとコンパイルされていない関数が使われる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 2 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »