ComplexityFunction

ComplexityFunction
Simplifyおよびその他の関数のオプションとして使われ,式の複雑さを定量化するための関数を指定する.

詳細詳細

  • デフォルト設定のComplexityFunction->Automaticのとき,式の構成形は,LeafCountの値に桁数の多い整数はより複雑に扱われるよう補正を加えて,ランク付けされる.
  • Simplifyによって生成される中間式にランク付け関数 を適用するには,Simplify[expr, ComplexityFunction->f]を使う.式 の各中間式に が適用され,最小の数値を出す式を最も単純なものとして扱う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトでComplexityFunctionは部分式と整数の桁数を数える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

LeafCountは部分式の数だけを数える:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

デフォルトで,次の式は簡約されない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複雑さの関数は他の関数よりもChebyshevTをより高価にする:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »