ComponentMeasurements

ComponentMeasurements[m, "prop"]
同一の要素から構成されるラベル行列 m の各要素の特性 prop の値を計算する.

ComponentMeasurements[image, "prop"]
image の非零の画素の連結性を使ってラベル行列を計算する.

ComponentMeasurements[{m, image}, "prop"]
image の画素値を使って特性 prop を計算する.

ComponentMeasurements[..., "prop", crit]
基準 crit を満足する測定値だけを返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ComponentMeasurements[m, "prop"]の形式の式を返す. はセグメント i について計算されたの値である.
  • ComponentMeasurements[m, {"prop1", "prop2", ...}]は複数の特性を計算する.
  • ComponentMeasurements[m, "Properties"]は使用可能な全特性の名前を文字列のリストとして返す.
  • ComponentMeasurementsはデフォルトで,周囲の8つすべての画素を隣接するものとして扱う.
  • CornerNeighbors->Falseとオプションを設定すると,座標軸方向の4つの画素だけが隣接するものとして扱われるようになる.
  • "BorderComponents"->Falseと設定すると,ComponentMeasurementsは境界に連結する成分を無視する.
  • 位置,面積,長さの測定値は,が左下コーナーを表し,から width まで,から height までの標準的な画像の座標系で与えられる.
  • 任意のラベル行列について以下の特性が計算できる.
  • 面積測定:
  • "Count"要素数
    "Area"おおよその面積,各画素の面積は周囲の形状によって重みが付けられる
    "FilledCount"穴を埋めた後の要素数
    "EquivalentDiskRadius"同じ面積の円板の半径
    "AreaRadiusCoverage"同等の円板半径内の画素の割合
  • 周囲の特性:
  • "PerimeterCount"周縁部の要素数
    "PerimeterLength"外側の画素の側面の全長
    "OuterPerimeterCount"成分に隣接する要素数
    "PolygonalLength"周縁要素の中心から形成された多角形の全長
    "MaxPerimeterDistance"内部要素から周縁までの最長距離
    "AuthalicRadius"同じ多角形周縁長を持つ円の半径
  • 図心特性:
  • "Centroid"質量座標の中心
    "Medoid"図心に最も近い要素の座標
    "MeanCentroidDistance"図心からすべての要素までの平均距離
    "MaxCentroidDistance"図心からすべての要素までの最大距離
    "MinCentroidDistance"図心からすべての要素までの最小距離
  • 方向を持った最適合楕円のパラメータ:
  • "Length"最適合楕円の長軸
    "Width"最適合楕円の短軸
    "SemiAxes"最適合楕円の半軸の長さ
    "Orientation"長軸と水平軸との角度
    "Elongation"で計算された伸長
    "Eccentricity"最適合楕円の離心率
  • 形の測定:
  • "Circularity"同等円板の周縁部との周縁長の割合
    "FilledCircularity"穴を埋めた後の円形性
    "Rectangularity"最小境界ボックス内の画素の割合
  • 境界ボックス特性:
  • "BoundingBox"の形式の軸指向境界ボックス
    "BoundingBoxArea"境界ボックスで囲まれた領域
    "MinimalBoundingBox"4つのコーナー頂点で定義された最小指向境界ボックス
  • 境界円板特性:
  • "BoundingDiskCenter"境界円板の中心座標
    "BoundingDiskRadius"境界円板の半径
    "BoundingDiskCoverage"成分領域で覆われている境界円板の領域
  • 凸包特性:
  • "ConvexCount"凸包に含まれる要素数
    "ConvexVertices"凸包のコーナー要素
    "ConvexArea"凸包多面体の面積
    "ConvexPerimeterLength"凸包多面体の長さ
    "ConvexCoverage"凸包に占める要素の割合
  • "CaliperLength"凸包の最大直径(Feret直径)
    "CaliperWidth"凸包の最小直径
    "MeanCaliperDiameter"可能なすべてのカリパス直径の平均
    "CaliperElongation"
  • 隣接要素特性:
  • "Neighbors"直接の近傍,ラベル集合として与えられる
    "NeighborCount"直接の近傍の数
    "ExteriorNeighbors"外側近傍のラベル
    "ExteriorNeighborCount"外側近傍の数
    "InteriorNeighbors"内側近傍のラベル
    "InteriorNeighborCount"内側近傍の数
    "AdjacentBorders"隣接画像の境界のリスト
    "AdjacentBorderCount"隣接画像の境界の数
  • 基本的な位相学的特性:
  • "Fragmentation"連結成分の数引く1
    "Holes"各成分の穴の数
    "Complexity"成分と穴の合計数引く1
    "EulerNumber"成分の数引く穴の数
  • 関係位相学特性:
  • "EmbeddedComponents"埋め込まれた成分,ラベルのリストとして与えられる
    "EmbeddedComponentCount"埋め込まれた成分の数
    "EnclosingComponents"囲い込んだ成分,ラベルのリストとして与えられる
    "EnclosingComponentCount"囲い込んだ成分の数(ネストレベル)
  • 一般特性:
  • "Label"成分ラベル
    "Mask"配列として与えられたバイナリマスク
  • もとの画像がComponentMeasurements[{labelmatrix, image}, ...]の形式で指定されているなら画素値の大きさが計算できる.
  • 型,あるいは型の画像の場合,ComponentMeasurementsは常に0から1の間になるように値を正規化する.
  • 以下の特性が使用できる.
  • 基本的な画素値の大きさ:
  • "Data"チャンネルベクトルの平坦なリストとして与えられた画像データ
    "IntensityData"画像の強度値のリスト
  • 各成分のそれぞれのチャンネル用に別個に測定された基本的なヒストグラム特性:
  • "Min"最小値
    "Max"最大値
    "Mean"平均値
    "Median"中央値
    "StandardDeviation"標準偏差
    "Total"すべての値の合計
  • 基本的な画像の強度特性:
  • "MinIntensity"最小強度
    "MaxIntensity"最大強度
    "MeanIntensity"平均強度
    "MedianIntensity"強度の中央値
    "StandardDeviationIntensity"強度分布の標準偏差
    "TotalIntensity"総強度
  • 空間強度測定:
  • "Skew"強度分布の非対称性
    "IntensityCentroid"強度で重みが付けられた図心の座標
  • 統計測定:
  • "Entropy"データエントロピー(底はE
    "Energy"データエネルギー
  • 成分に依存しない大域特性:
  • "LabelCount"ラベル総数
    "Dimensions"総入力の次元
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »