ConoverTest

ConoverTest[{data1, data2}]
の分散が等しいかどうかの検定を行う.

ConoverTest[dspec, ]
に対する分散尺度の検定を行う.

ConoverTest[dspec, , "property"]
の値を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ConoverTestは,真の母集団分散の比率が であるという帰無仮説 であるという対立仮説 で,および について仮説検定を行う.
  • デフォルトで,確率値すなわち 値が返される.
  • 値が小さければ が真である可能性は低い.
  • dspec 中の data は一変量でなければならない.
  • 引数 は任意の正の実数でよい.
  • ConoverTestdata が共通の中央値について対称であると仮定する.
  • ConoverTest[data, , "HypothesisTestData"]htd["property"]の形で追加的な検定結果と特性の抽出に利用できるHypothesisTestDataオブジェクト htd を返す.
  • ConoverTest[data, , "property"]を使って直接の値を与えることができる.
  • 検定結果の報告に関連する特性:
  • "PValue" 値のリスト
    "PValueTable" 値のフォーマットされた表
    "ShortTestConclusion"検定結果の簡単な説明
    "TestConclusion"検定結果の説明
    "TestData"検定統計と 値のペアのリスト
    "TestDataTable" 値と検定統計のフォーマットされた表
    "TestStatistic"検定統計のリスト
    "TestStatisticTable"検定統計のフォーマットされた表
  • 検定統計は最初の標本からの順位の平方の総和と の下でNormalDistributionに従うと仮定されるプールされている順位の平方との比に基づく.
  • ConoverTestは二乗順位検定と呼ばれることもあり,が正規分布に従っていない場合にはFisherRatioTestの代りとなる.
  • 使用可能なオプション:
  • AlternativeHypothesis"Unequal"対立仮説のための不等式
    SignificanceLevel0.05診断と報告のための切捨て
    VerifyTestAssumptionsAutomaticどの診断検定を実行するのかを設定する
  • ConoverTestでは, のときにのみ が棄却されるような切捨て が選ばれる.および特性に使われる の値はSignificanceLevelオプションに制御される.値 は正規性と対称性の検定を含む仮定の診断検定にも使われる.デフォルトで に設定される.
  • ConoverTestにおけるVerifyTestAssumptionsの名前付き設定:
  • "Symmetry"すべてのデータが対称であることを検証する

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

2つのデータ集合の分散を等価性について調べる:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

さらに特性を抽出するためにHypothesisTestDataオブジェクトを作る:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

調べる特性:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

2つの母集団の分散比を特定の値について検定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

対立仮説 で検定を行う:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »