MATHEMATICA 組込みシンボル

ContextToFileName

ContextToFileName["context"]
慣例的に特定のコンテキストに関連付けられているファイル名の文字列を与える.

詳細詳細

  • 典型的なものとして,というファイルに関連付けられるという例が挙げられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

コンテキストと関連する拡張子.mが付いたファイルを返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ディレクトリに対応するより長いコンテキストの限定子:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »