ContourDetect

ContourDetect[image]
白い画素が image 中の0およびゼロ交差に対応するバイナリ画像を与える.

ContourDetect[image, delta]
絶対値が delta より小さい image 中の値を0として扱う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ContourDetectは値が0の画素と近傍の少なくとも1つが負である正の値の画素を見付ける.
  • カラー画像では,ContourDetectは全チャンネルの平均強度に対して作用する.
  • ContourDetectは任意タイプの画像に使うことができる.
  • ContourDetect[m]は数値行列 m の零点とゼロ交差を見付け,疎な配列を返す.
  • ContourDetect[m, delta]は,事実上,強度が delta より小さい値を切り取る.
  • ContourDetectはデフォルトで指定された画素の周囲の8画素すべてを隣接しているものとして扱う.
  • オプション設定CornerNeighbors->Falseを使うと座標軸方向の4画素のみが隣接しているとみなされる.
  • オプション設定のCornerNeighbors->Noneを使ってContourDetectは画素がもとの画像のコーナに対応する二重格子を操作し,結果の画像の次元を1画素小さくする.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »