ControllerManipulate

ControllerManipulate[expr, {u, umin, umax}]
外部コントローラデバイスを用いて u の値のインタラクティブな操作ができるような形の expr を生成する.

ControllerManipulate[expr, {u, umin, umax, du}]
u の値が から までの間を刻み幅 du で移動するようにする.

ControllerManipulate[expr, {{u, uinit}, umin, umax, ...}]
u の初期値が であるとする.

ControllerManipulate[expr, {u, {u1, u2, ...}}]
u が離散的な値 , , ... を取ることを許容する.

ControllerManipulate[expr, {u, ...}, {v, ...}, ...]
u, v, ... それぞれが外部コントローラデバイスで操作できるようにする.

ControllerManipulate[expr, "cu"->{u, ...}, "cv"->{v, ...}, ...]
パラメータを外部コントローラデバイスの指定コントローラにリンクさせる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ControllerManipulateManipulateと同じ機能とオプションを持つが,デフォルトでコントロールや枠を明示的に表示しないようになっている.
  • デフォルト設定のControllerMethod->Automaticでは,外部コントローラデバイスの連続するコントロールで連続するパラメータを制御する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

コントローラを使ってシヌソイドを変える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »