Count

Count[list, pattern]
list において pattern にマッチする要素の数を与える.

Count[expr, pattern, levelspec]
levelspec で指定されたレベルで適用され,pattern にマッチする部分式の数を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Countは,標準的なレベル指定を使用する.
  • nレベル 1 からレベル まで
    Infinityレベル からInfinityまで
    {n}レベル n のみ
    {n1,n2}レベル から まで
  • Countにおける levelspec のデフォルト値はである.
  • 正のレベル n は,n 個の指標によって指定された expr のすべての部分からなる.
  • 負のレベル -n は,expr の深さ n のすべての部分からなる.
  • レベル-1は,数,記号その他の下位区分を持たないオブジェクトからなる.
  • レベル0は式全体に相当する.
  • オプション設定がHeads->Trueのとき,Countは式の頭部とその部分を見る.
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »