CriticalSection

CriticalSection[{var1, var2, ...}, expr]
並列計算について変数 をロックし,expr を評価し, を解放する.

詳細詳細

  • 任意の並列カーネル上で同時実行できる同じロック変数の危険域が最高で1つ許容される.
  • ロックとして使われる変数はマスターカーネルの値を持っていてはならない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

1ブロックのコードを他のスレッドの干渉から保護する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

更新コードへのアクセスから保護しないとサブカーネルが結果を上書きしてしまうかもしれない:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »