CurvatureFlowFilter

CurvatureFlowFilter[image]
平均曲率流フィルタを image に適用する.

CurvatureFlowFilter[image, t]
適用する曲率流量 t を指定する.

CurvatureFlowFilter[image, t, k]
k でパラメータ化された伝導項で曲率流を適用する.

詳細詳細

  • 曲率流フィルタはエッジを保存しつつ画像を平滑化する異方性拡散メソッドである.これは,事実上,曲率を等高線に沿って拡げ,これによってコーナーに丸みを付け等高線のユークリッド距離を縮める.
  • CurvatureFlowFilterはユークリッド短縮フィルタを実装する.
  • CurvatureFlowFilterは任意のグレースケール画像,あるいは多チャンネル画像に使うことができる.各チャンネルは別々に操作される.
  • 曲率流フィルタの拡散は画像の等高線と平行に行われる.等高線と直角に交わる拡散はエッジ保存のために除かれる.
  • CurvatureFlowFilterの効果は画像値の全体的な正規化には依存しない.
  • 伝導率パラメータ k は任意の正の値でよい.デフォルト値の k=∞ は変更されていない曲率流フィルタを描画する.
  • CurvatureFlowFilter[image]CurvatureFlowFilter[image, 1, Infinity]に等しい.
  • は,平面曲率 kappa= del . (del f)/(TemplateBox[{{del , f}}, Abs]) の偏微分方程式 partial_tf=kappa TemplateBox[{{del , f}}, Abs]をすべての画像チャンネル に適用する.
  • CurvatureFlowFilter[image, t]では,t が曲率流の漸進的変化,従ってフィルタの空間範囲をパラメータ化する.
  • パラメータ k が与えられると,修正伝導項 c_k(TemplateBox[{{del , f}}, Abs])=ⅇ^(-|del f|^2/k^2) を持つ曲率流 partial_tf=TemplateBox[{{del , f}}, Abs]del .c_k(TemplateBox[{{del , f}}, Abs]) (del f)/(TemplateBox[{{del , f}}, Abs])が使われる.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »