D

D[f, x]
偏微分係数 を与える.

D[f, {x, n}]
偏微分係数 を与える.

D[f, x, y, ...]
fについて連続的に微分する.

D[f, {{x1, x2, ...}}]
スカラー f についてベクトル微分 を与える.

D[f, {array}]
テンソルの微分係数を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • D[f, x]は, という形で入力することができる.この際,文字 EscpdEscまたはと入力され,x は下付き文字として入力される.
  • 変数に明示的に依存していない値は,偏微分係数の値がゼロとなる.
  • D[f, var1, ..., NonConstants->{u1, ...}]は,すべての がすべての に依存しており,この偏微分係数がゼロでないと仮定する.
  • D[f, ...]f の中のリストに縫い込まれる.
  • D[f, {list}]は事実上 list の各要素にDを縫い込む.
  • D[f, {list, n}]D[f, {list}, {list}, ...]に等しい.ただし{list}n 回繰り返されるものとする.f がスカラーで list の深さが1であれば,結果は f の多変数テイラー級数の n 次の項と同じように階数 n のテンソルになる.
  • D[f, {list1}, {list2}, ...]は通常First[Outer[D, {f}, list1, list2, ...]]に等しい.
  • f がリストの場合,D[f, {list}]は事実上最初に f の各要素に縫い込まれ,次に list の各要素に縫い込まれる.結果は次元がJoin[Dimensions[f], Dimensions[list]]の配列である.
  • 導関数に対する近似値はNを使うことによって求められる.
  • Dは,連鎖律を使って未知の関数を簡約する.
  • D[f, x, y]は, という形で入力される.記号は,通常使われるコンマの代りにEsc,Escと入力できる.この際,Esc,Escは表示されないが,コンマと同様の働きをする.
  • Dの引数のいずれかがSparseArrayオブジェクトである場合,結果はSparseArrayオブジェクトになる. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (7)例 (7)

についての導関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

についての四次導関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

についての導関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

記号的関数を含む導関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ベクトル導関数(傾斜ベクトル):

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二次導関数テンソル:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

導関数を数値的に評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

EscpdEscを使って を,Control+_を使って下付き文字を入力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »