DateDifference

DateDifference[date1, date2]
から までの日数を返す.

DateDifference[date1, date2, "unit"]
の違いを指定した単位で返す.

DateDifference[date1, date2, {"unit1", "unit2", ...}]
違いを連続するに対応する要素のリストとして返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 日付は次の形式で指定できる:
  • {y,m,d}年,月,日
    {y,m}指定の月の最初の日
    {y}y 年1月1日
    "string"文字列としての日付(
    {y,m,d,h,m,s}正確な時間
    time絶対時間指定
  • 使用可能な単位は,である.
  • 等と等しいとみなされる.
  • DateDifferenceは次のオプションを取る.
  • DayCountConvention"ActualActual"差が計算される既約を数える
  • 日数が列挙されたDateDifferenceは,差の大きさには関係なく計数既約に従う.
  • DateDifference[date2]は,現行の日付から までの日数を分数で返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

1月1日から7月4日までの日数を返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

の形式の日付指定を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

日付の違いを週単位で求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2番目の日付が最初の日付の前になる場合,日付差は負になる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »