DateFunction

DateFunction
DateListPlotのオプションで,入力として与えられた日付をどのように日付のリストに変換するかを指定する.

詳細詳細

  • DateFunction->(DateList[#, {"e1", ...}]&)等の設定で,一連の要素を各日付から抽出するように指定する. »
  • デフォルト設定のDateFunction->Automaticでは,自動的に標準的な曖昧さのない日付に変換される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

リストの先頭に年を加えて日付を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

週数の指標が付けられた日付を解釈する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »