DatePattern

DatePattern[{"e1", "e2", ...}]
タイプの要素を持つ日付の文字をStringExpressionで表す.

DatePattern[{"e1", "e2", ...}, sep]
文字列式 sep にマッチするセパレータを許可する.

詳細詳細

  • に可能な要素のタイプは,である.
  • セパレータが明示的に指定されていない場合は,は記号のいずれかで分離される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

文字列を日付要素のリストと比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

時間要素のリストと比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

すべてのセパレータが明示的に与えられたパターンと比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »