Delete

Delete[expr, n]
expr における位置 n の要素を削除する.n が負の場合,この位置は末尾から数えられる.

Delete[expr, {i, j, ...}]
の位置にある部分を削除する.

Delete[expr, {{i1, j1, ...}, {i2, j2, ...}, ...}]
複数の位置にある部分を削除する.

詳細詳細

  • 式における特定の要素の頭部を削除することは,式のこの点にFlattenAtを適用することと同じである. »
  • 式全体の頭部を削除する場合,この頭部は列Sequenceとなる. »
  • 式全体を削除すると結果としてSequence[]が返される.
  • DeleteSparseArrayオブジェクトに作用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

位置3の要素を削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

末尾から2番目の位置のものを削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

位置1と3のものを削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二次元配列から削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 2 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »