DerivativeFilter

DerivativeFilter[image, {n1, n2}]
画像 image次微分を水平方向と垂直方向に計算する.

DerivativeFilter[image, {n1, n2}, ]
標準偏差 のガウススケールで微分を計算する.

DerivativeFilter[array, {n1, n2, ...}]
array の微分を計算する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DerivativeFilterはスプライン補間モデルに基づいた画像の微分を描画する線形フィルタである.
  • DerivativeFilterは最初の座標が image の上から下に向かって動き,2番目の座標が右から左に向かって増加する配列座標系を使う.
  • DerivativeFilterは任意のグレースケールあるいは多チャンネル画像に使うことができる.各チャンネルには別々に働く.
  • DerivativeFilterは,3Dおよび2Dの画像,また任意階数のデータ配列に使うことができる.
  • DerivativeFilter[image, ...]image と同じ次元の実像を返す.
  • DerivativeFilterで使用可能なオプション:
  • InterpolationOrderAutomatic補間次数
    Padding"Fixed"充填方法
  • InterpolationOrderオプションの可能な設定値は1, 3, 5, 7, 9である.微分次数は指定された補間次数より小さくなければならない.
  • 画像の微分はノイズの影響を受けやすい.この反作用に対抗するために標準偏差 のガウスカーネルで image あるいは data を正規化することができる.デフォルト値は =0である.
  • Paddingオプションの可能な設定値は,あるいは数値である.これらの設定値のリストを使って image あるいは data の次元ごとに異なる充填を指定することができる.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »