DialogProlog

DialogProlog
Dialogのオプションで,ダイアログを開始する以前に評価する式を与えることができる.

詳細詳細

  • DialogProlog:>expr の形式の遅延規則を使用して,式 expr が未熟な段階で評価されることを防止する必要がある.
  • DialogPrologによって与えられる式は,シンボルの値が局所化された後に,そして,Dialogの引数として与えられた任意の式が評価される以前に評価される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

ダイアログに入り,まずスタックを出力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ダイアログから戻る:

In[2]:=
Click for copyable input
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »