DifferenceDelta

DifferenceDelta[f, i]
離散差分を与える.

DifferenceDelta[f, {i, n}]
複合差分TemplateBox[{f, i, n}, DifferenceDelta3]を与える.

DifferenceDelta[f, {i, n, h}]
複合差分をステップ h で与える.

DifferenceDelta[f, i, j, ...]
について偏差分を計算する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DifferenceDelta[f, i] と入力できる.記号EscdiffdEscあるいは\[DifferenceDelta]で入力する.変数 i は下付き文字として入力する.
  • 与えられた変数に明示的に依存しない数量はすべて偏差分がゼロであるとみなされる.
  • DifferenceDelta[f, i, j] と入力できる.記号\[InvisibleComma]Esc,Escと入力し通常のコンマの代りに使うことができる.
  • DifferenceDelta[f, {i, n, h}] と入力することができる.
  • DifferenceDelta[f, ..., Assumptions->assum]は離散差分の計算過程で仮定 assum を使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

i についての差分:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

刻み幅 h の差分:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

i についての5番目の差分:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

i についてのステップ h での2番目の差分:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

EscdiffdEscをを使ってを入力し,Ctrl+_を使って下付き文字を入力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

DifferenceDeltaSumの逆演算子である:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »