Dilation

Dilation[image, ker]
構造化要素 ker についての image のモルフォロジー的な膨張処理を行う.

Dilation[image, r]
範囲 r の正方形についての膨張処理を行う

Dilation[data, ...]
データ配列に膨張処理を行う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Dilationはバイナリ画像,グレースケール画像,あるいは多チャンネル画像に使うことができる.各チャンネルは別々に扱われる.
  • Dilationは3Dおよび2Dの画像,また任意の階数のデータ配列に使うことができる.
  • 構造化要素 kerからなる行列である.
  • Dilationは奇数次元になるように自動的に構造化要素に0を加える.
  • Dilation[image, r]Dilation[image, BoxMatrix[r]]に等しい.
  • 複数の画像チャンネルが存在する場合,Dilationはそれぞれを別々に処理する.
  • Dilationは画像の外側の画素に想定する値を指定するPaddingオプションを取る.
  • デフォルト設定はPadding->0で,これはすべてのチャンネルについて画素値に当たる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

小さめの暗い部分の膨張処理を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

バイナリ画像の膨張処理:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

グレースケール画像の膨張処理:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

水平方向の膨張処理:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

垂直方向の膨張処理:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

円板状の構造化要素で膨張処理を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »