DiscretePlot3D

DiscretePlot3D[expr, {i, imin, imax}, {j, jmin, jmax}]
i の範囲が から まで,j の範囲が から までの,expr の値のプロットを生成する.

DiscretePlot3D[expr, {i, imin, imax, di}, {j, jmin, jmax, dj}]
ステップ didj を使う.

DiscretePlot3D[expr, {i, {i1, i2, ...}}, {j, {j1, j2, ...}}]
連続する i の値 , , ... と j の値 , , ... を使う.

DiscretePlot3D[{expr1, expr2, ...}, ..., ...]
のすべての値をプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DiscretePlot3Dは標準的な Mathematica の反復子指定を使う.
  • DiscretePlot3Dは変数 i 軸に,変数 j 軸に沿ってプロットする.
  • DiscretePlot3Dは事実上Blockを使って変数 ij を局所的なものとして扱う.
  • DiscretePlot3Dは属性HoldAllを有し,ij に特定の数値を割り当てた後ではじめて expr を評価する.
  • 場合によっては,ij に特定の数値を割り当てる前にEvaluateを使って expr を記号的に評価する方が効率がよい場合もある.
  • expr の評価に使われる精度は反復子が使う最低精度である.
  • 結果のグラフィックスプリミティブに適用されるラッパー wの形で与えられる.
  • 使用可能なラッパー:
  • Annotation[expr,label]注釈を与える
    Button[expr,action]要素がクリックされたときのアクションを定義
    EventHandler[expr,...]要素の一般的なイベントハンドラを定義
    Hyperlink[expr,uri]要素をハイパーリンクにする
    PopupWindow[expr,cont]要素にポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[expr,label]要素上にマウスが置かれたときにステータスエリアに表示
    Style[expr,opts]指定のスタイルで要素を表示
    Tooltip[expr,label]要素に任意のツールチップを付加
  • DiscretePlot3DにはGraphics3Dと同じオプションに次の追加・変更を加えたものが使える.
  • AxesTrue座標軸を描くかどうか
    BoxRatios{1,1,0.4}境界3Dボックス比
    ClippingStyleAutomatic曲面の切り取られた部分をどのように描くか
    ColorFunctionAutomatic曲面の色の決め方
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    EvaluationMonitorNoneすべての関数評価で評価する式
    ExtentElementFunctionAutomatic範囲を埋めるための生の画像の生成方法
    ExtentMarkersNone境界範囲を示すマーカー
    ExtentSizeAutomaticプロットポイントから延長する幅と深さ
    FillingAutomatic各曲面の下の充填
    FillingStyleOpacity[0.5]充填に使うスタイル
    JoinedFalse繋ぐかどうか
    MethodAutomatic使用するメソッド
    NormalsFunctionAutomatic実質的な曲面の法線をどのように決めるか
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    PlotRange{Full,Full,Automatic}含める やその他の値の範囲
    PlotStyleAutomatic各曲面のスタイルのためのグラフィックス指示子
    RegionFunction(True&)点を含めるかどうかの決め方
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算に使う精度
  • ColorFunctionに渡される引数は, である.
  • ExtentSize->{{sxl, sxr}, {syl, syr}}と設定すると, 軸に沿って を左に を右に, 軸に沿って を左に を右に延長して各プロット点の周りに水平面が描かれる.ExtentMarkers->{{mxl, mxr}, {myl, myr}}とすると, 軸に沿った左右のマーカーとして が, 軸に沿った左右のマーカーとして が使われる.
  • ExtentElementFunctionに渡される引数は要素範囲とサンプル点である.
  • ExtentSize->Noneと設定すると,は等しくなり,も等しくなる.Filling->Noneとすると,と等しくなる.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »