DiscreteRatio

DiscreteRatio[f, i]
離散率 を与える.

DiscreteRatio[f, {i, n}]
多重離散率を与える.

DiscreteRatio[f, {i, n, h}]
多重離散率を刻み幅 h で与える.

DiscreteRatio[f, i, j, ...]
i, j, ...についての部分差分比を計算する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DiscreteRatio[f, i] として入力できる.という文字はEscdratioEsc ,あるいは\[DiscreteRatio]で入力する.変数 i は下付き文字として入力する.
  • 指定された変数に明示的に依存しない数量はすべて1に相当する離散率を持つものとされる.
  • 多重離散率は低い離散率によって再帰的に定義される.
  • 離散率は不定形の積の逆演算子である.
  • DiscreteRatio[f, ..., Assumptions->assum]は離散率を計算する過程で仮定 assum を用いる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

i についてのシフト比:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

階乗関連関数のシフト比:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

EscdratioEscを使ってを入力し,Ctrl+_を使って下付き文字を入力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

シフト比はProductの逆演算子である: »

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

シフト比はProductの逆演算子である:  »

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »