DiscreteWaveletTransform

DiscreteWaveletTransform[data]
data の配列の離散ウェーブレット変換(DWT)を与える.

DiscreteWaveletTransform[data, wspec]
ウェーブレット wspec を使って離散ウェーブレット変換を与える.

DiscreteWaveletTransform[data, wave, r]
レベル r の細分化を使って離散ウェーブレット変換を与える.

DiscreteWaveletTransform[image, ...]
画像の離散ウェーブレット変換を与える.

DiscreteWaveletTransform[sound, ...]
サンプルサウンドの離散ウェーブレット変換を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DiscreteWaveletTransformはウェーブレット係数配列の木を表すDiscreteWaveletDataオブジェクトを与える.
  • DiscreteWaveletDataの特性 dwddwd["prop"]で求まる.使用可能な特性のリストは dwd["Properties"]で求まる.
  • data は任意の深さの矩形配列である.
  • デフォルトで,入力 image はタイプの画像に変換される.
  • 結果のウェーブレット係数は入力 data と同じ深さの配列である.
  • 使用可能なウェーブレット wave
  • BattleLemarieWavelet[...]Bスプラインに基づいたBattle-Lemarié ウェーブレット
    BiorthogonalSplineWavelet[...]Bスプラインに基づいたウェーブレット
    CoifletWavelet[...]Daubechiesウェーブレットの対称性変種
    DaubechiesWavelet[...]Daubechiesウェーブレット
    HaarWavelet[...]古典的なHaarウェーブレット
    MeyerWavelet[...]周波数領域で定義されるウェーブレット
    ReverseBiorthogonalSplineWavelet[...]Bスプラインに基づいたウェーブレット( 逆双対ウェーブレットと主ウェーブレット)
    ShannonWavelet[...]シンク関数に基づいたウェーブレット
    SymletWavelet[...]最小非対称直交ウェーブレット
  • デフォルトの HaarWavelet[]である.
  • 細分化レベル r の設定値を高くすると,スケールの大きな特徴が解決される.
  • デフォルトの細分化レベル rTemplateBox[{{{InterpretationBox[{log, _, DocumentationBuild`Utils`Private`Parenth[2]}, Log2, AutoDelete -> True], (, n, )}, +, {1, /, 2}}}, Floor]で与えられる.ただし,data の最小次元である. »
  • レベル のウェーブレット係数の木は,粗い係数 と詳細化係数 からなる. は入力 data を表す.
  • 前進変換は で与えられる.  »
  • 逆変換は で与えられる.  »
  • はローパスフィルタ係数で, はハイパスフィルタ係数である.どちらもそれぞれのウェーブレット族で定義される.
  • の次元は wd_(j+1)=TemplateBox[{{{1, /, 2},  , {(, {{wd, _, j}, +, fl, -, 2}, )}}}, Ceiling]で与えられる.ただし, は入力 data の次元であり,fl は対応する wspec のフィルタ長である. »
  • 使用可能なオプション:
  • MethodAutomatic使用するメソッド
    Padding"Periodic"境界を越えてデータをどのように延長するか
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算で使用する精度
  • Paddingの設定値はArrayPadで使用できるものと同じである.
  • InverseWaveletTransformは逆変換を与える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

HaarWaveletを使って離散ウェーブレット変換を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Normalを使ってすべての係数を見る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Imageオブジェクトを変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

を使って係数の画像を抽出する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

逆変換を計算する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

サンプルのSound オブジェクトを変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »