Dividers

Dividers
Gridおよび関連構文のオプションであり,区切り線をどこにどのように引くかを指定する.

詳細詳細

  • 次の基本的な設定を使うことができる.
  • Allすべての区切り線を描く
    None または False区切り線は描かない
    True外部にのみ区切り線を描く
    Center内部項目の間にのみ区切り線を描く
    gグラフィックス指示子 g を用いてすべての区切り線を描く
  • Gridおよび関連構文では,設定値のリストを与えることができる.以下はよく使われる例である.
  • {All, False}すべての水平位置に区切り線を描く(列線)
    {False, All}すべての垂直位置に区切り線を描く(行線)
    {{False, True}, False}第2列の前に区切り線を描く
    {False, {False, True}}第2行の前に区切り線を描く
  • Gridおよび関連構文におけるDividersの一般的な設定値には次のようなものがある.
  • {specx,specy}連続する x および y の位置で を使う
  • の可能な形式:
  • {s1,s2,...,sn}から までを使い,次にデフォルトを使う
    {{c}}すべての場合に c を使う
    {{c1,c2}}を交互に使う
    {{c1,c2,...}}すべての を循環的に使う
    {s,{c}}s を使い,次に c を繰り返し使う
    {s1,{c},sn}を使い,次に繰り返し c を使い,最後に を使う
    {s1,s2,...,{c1,c2,...},sm,...,sn} まず,最初の一連の を使い,次に を循環的に使い,次に最後の一連の を使う
    {s1,s2,...,{},sm,...,sn}はじめに最初の一連の を使い,最後に の最後の一続きを使う
    {i1->v1,i2->v2,...}位置 で何を使うか指定する
    { spec,rules}における指定を無効にするのに rules を使う
  • は,TrueFalse,あるいは明示的なグラフィックス指示子でもよい.
  • 使用可能なグラフィックス指示子には,ThickThinDashedDotted,色,太さ,破線の指示子,Directiveで指定される指示子の組み合せ等がある.
  • 特定の方向に n 個の項目がある格子では,Dividersは,最初の要素の前から最後の要素の後ろまでの要素間の 個の隙間について区切り線の設定を指定できる.
  • Dividersは,常に項目間の隙間の中央に区切り線を置く.
  • Dividersは,行や列を結合した項目にまでは拡張していかない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

格子内のすべての区切り線を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

すべての水平位置に区切り線を入れる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »