Dot

またはDot[a, b, c]
ベクトルや行列,テンソルの積を与える.

詳細詳細

  • は,ab が適切な次元を持ったリストであるときに,具体的な結果を与える.a の最後の指数を b の最初の指数で縮約する.
  • Dotの応用例:
  • {a1,a2}.{b1,b2}ベクトルのスカラー積
    {a1,a2}.{{m11,m12},{m21,m22}}
    ベクトルと行列の積
    {{m11,m12},{m21,m22}}.{a1,a2}
    行列とベクトルの積
    {{m11,m12},{m21,m22}}.{{n11,n12},{n21,n22}}
    2個の行列の積
  • Dotを2個のテンソルおよび に適用した結果は,やはりテンソルでとなる.Dot 階のテンソルと 階のテンソルに適用すると,階のテンソルが与えられる. »
  • DotSparseArrayオブジェクトに使うと,可能な場合はSparseArrayオブジェクトが返される. »
  • 引数がリストや疎な配列ではない場合,Dotは未評価でおかれる.DotFlat属性を持つ.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »