Drop

Drop[list, n]
先頭からn 個の要素を取り除いた list を返す.

Drop[list, -n]
末尾からn 個の要素を取り除いた list を返す.

Drop[list, {n}]
n 番目の要素を取り除いた list を返す.

Drop[list, {m, n}]
m 番目から n 番目までの要素を取り除いた list を返す.

Drop[list, {m, n, s}]
m 番目から n 番目までの要素をステップ s で取り除いた list を返す.

Drop[list, seq1, seq2, ...]
listで指定された要素がレベル i で取り除かれているネストされたリストを返す.

詳細詳細

  • Dropは,標準的な列の指定法を使用する.
  • Allすべての要素
    None零要素
    n1から n までの要素
    -n最後の n 個の要素
    {n}n 番目の要素のみ
    {m,n}m 番目から n 番目までの要素
    {m,n,s}m 番目から n 番目までの要素を刻み幅
  • DropListに限らず,任意の頭部を持ったオブジェクトに使用することができる.
  • Drop[list, seq1, seq2]は,部分行列 list 以外のすべての要素を除去する.
  • DropSparseArrayオブジェクトに使うことができる.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 4 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »