Dynamic

Dynamic[expr]
の動的に更新された現在値を表示するオブジェクトを表す.Dynamic[expr]の表示形式がインタラクティブに変更されたり編集されたりする場合は,割当て は表示形式に対応する新しい値 に与えるように行われる.

Dynamic[expr, None]
インタラクティブな修正や編集はできない.

Dynamic[expr, f]
のインタラクティブな変更や編集の間,を継続的に評価する.

Dynamic[expr, {f, fend}]
インタラクティブな変更や編集が終了してから も評価する.

Dynamic[expr, {fstart, f, fend}]
インタラクティブな変更や編集が開始してから も評価する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Dynamic[expr]は直接表示される式として現れるだけでなく,例えばグラフィックスプリミティブあるいはスライダーのようなオブジェクトの座標として,またオプション設定としても現れることができる.
  • インタラクティブな操作を通して に値を割り当てる際に使用されるときのDynamic[expr]中の式は,記号 x,オブジェクト ,部分,あるいはリストであることが多い.
  • 例えばグラフィックスでは,Point[Dynamic[{x, y}]]xy の現行値で与えられるために位置が動的に更新される点を表す.点がインタラクティブに移動されるたびに,の形の割当てが行われる.Point[Dynamic[{x, y}]]はインラタクティブに移動できる.Dynamic[Point[{x, y}]]はインタラクティブには移動できない.
  • Dynamic[expr]は,値が必要になり,それが依存している記号の任意のタイプの値が変更されたと判断する場合はいつでも を評価する.
  • RefreshあるいはClockオブジェクトがDynamic[expr]中の式の評価に現れると,は連続的に再評価される.
  • Dynamicには属性HoldFirstがあるので,は表示のために値が必要となるまで評価されない.
  • Dynamic[expr]Dynamic[expr, (expr=#)&]と等価である.
  • Dynamic[expr, f]は,の評価によるとき以外は,インタラクティブな操作が を変更しないようにする.
  • Dynamic[expr, None]で表されるオブジェクトは,インタラクティブには変更できないが,何らかの理由で の値が変更されると変更される.
  • Dynamic[expr, Temporary]では,表示されたオブジェクトの形式がインタラクティブな操作で変更できるが,操作が完了したときでなければ更新された値の expr への割当ては行われない.
  • インタラクティブなマウス操作では,Dynamic[expr, {fstart, f, fend}]は一般に,マウスが押されると を1度評価し,マウスが動かされるたびに を評価し,マウスが放されると を1度評価する.
  • マウスが動かされなければ,fは厳密に1度ずつ評価される.
  • は常に,の評価の直後に1度評価され,最後に評価されたときの の値が,常に におけるものと同じになる.
  • Dynamicオブジェクトに影響を与えるインタラクティブな操作には,グラフィックス内あるいはSlider等のオブジェクト内で要素をドラッグしたり,InputFieldのようなオブジェクト中のフィールドを編集したりすることが含まれる.
  • fの関数は次のものでもよい.
  • AutomaticSetを使って値を割り当てる
    Noneアクションは取らない
    Temporary一時的な変更のためにインタラクティブな操作を許す
    funcを評価する
  • Dynamic[expr, f]Dynamic[expr, {None, f, None}]と等価である.
  • Dynamic[expr, Temporary]Dynamic[expr, {None, Temporary, Automatic}]と等価である.
  • Dynamic[expr, f]に割り当てられた値に制約条件を強制するために使うことができる.
  • Dynamic[expr, f]は, のような式であるとき,個々の変数の割当てに使うことができる.
  • 関数は,exprに割当てを行う場合には,属性HoldRestを持っていなければならない.Function[{v, e}, body, HoldRest]を使って,この属性を持たせることができる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • DeinitializationNoneDynamicが表示不可になったときに評価する式
    EvaluatorAutomatic評価に使うカーネル
    InitializationNoneDynamicが最初に表示されたときに評価する式
    ShrinkingDelay0.表示オブジェクトが小さくなる場合の,縮めるまでの遅延時間
    SynchronousUpdatingTrueコンテンツを同期して評価するかどうか
    TrackedSymbolsAllその変更が更新を引き起す記号
    UpdateIntervalInfinity更新を行う時間間隔
  • Dynamic[e]は,StandardFormおよびTraditionalFormでは の値を動的に更新した現行値として表示されるが,InputFormOutputFormでは単にDynamic[e]として表示される.
  • Dynamic[expr]は遅延的割当てに類似するものを提供する.この場合,値は式の評価によってではなく表示の必要性によって値が暗示的にリクエストされる.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »