DynamicModule

DynamicModule[{x, y, ...}, expr]
中のDynamicオブジェクトを評価するすべての段階で常に記号 x, y, ... を局所的に保つオブジェクトを表す.DynamicModuleで指定された記号は,Mathematica のセッション間でさえもその値を保持する.

DynamicModule[{x=x0, y=y0, ...}, expr]
x, y, ... の初期値を指定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DynamicModuleModuleと同じように,まず 中の局所変数に一意的な名前を与える.続いて結果の式を評価し,このバージョンをDynamicModuleで包み込んで返す.
  • ノートブックでは,この返されたバージョンがしばしば出力セル中に表示される.Manipulateからの出力がこの例である.
  • 表示されているDynamicModuleの形式中でDynamicオブジェクトがインタラクティブに変更・編集された結果,局所変数の値が変化した場合,DynamicModuleオブジェクトはこれを反映するように修正される.
  • DynamicModule中の局所変数の値は,Mathematica のセッション間で実質的に一貫性を持つように,DynamicModuleを含むノートブックが保存されると,デフォルトで自動的に保存される.
  • DynamicModuleオブジェクトを含むノートブックをコピーすると,コピー中の局所変数は,同じ値から始まりはするが,もとの局所変数とは無関係になる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • DeinitializationNoneDynamicModuleがもはや表示できなくなったときに評価される式
    DynamicModuleValuesAutomatic動的に更新した変数値のデータ
    InitializationNoneDynamicModuleが最初に表示されたときに評価される式
    UnsavedVariables{}値を保存すべきではない変数
  • DynamicModuleがはじめて評価されると,評価の最中に局所変数の割当てがはじめて行われる.続いてInitializationオプションの設定は,それが何であれ,DynamicModuleの出力が表示されるときにのみ評価される.
  • DynamicModuleオブジェクトが特定のノートブックにはじめて表示されると,局所変数の保存された値が復元され,Initializationオプションが設定されていればそれが評価される.
  • UnsavedVariablesリストに含まれる変数を除き,局所変数のすべての値が保存される.記号の一般的な値はDynamicModuleの第1引数に保存される.その他の値はDynamicModuleValuesオプションの設定の中に保存される.
  • DynamicModuleは属性HoldAllを持つ.
  • DynamicModule構文はどのようにもネストすることができる.必要であれば内側の変数の名前が変更される.
  • DynamicModuleは,語彙スコーピングを実装するスコーピング構文である.
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »