EdgeDetect

EdgeDetect[image]
image 中のエッジを求め,結果をバイナリ画像で返す.

EdgeDetect[image, r]
指定された画素範囲 r のスケールでエッジを求める.

EdgeDetect[image, r, t]
画像のエッジの選出に閾値 t を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • EdgeDetectは勾配法を使ってエッジを検出する.
  • EdgeDetect[image]EdgeDetect[image, 2]に等しい.
  • EdgeDetect[image, r, t]は大域的閾値 t とともにヒステリシス閾値を使う.閾値パラメータのこの他の形式についてはMorphologicalBinarizeのドキュメントを参照のこと.
  • EdgeDetectPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->"Fixed"である.
  • EdgeDetect[image, {r1, r2}, ...]は垂直および水平方向に半径 を使う.
  • デフォルトでCannyのエッジ検出アルゴリズムが使われる.Methodオプションを明示的に設定することで他の導関数フィルタが指定できる.以下はその使用可能な設定値である.
  • "Canny"指向性一次ガウス導関数
    "ShenCastan"指数関数の一次導関数
    "Sobel"Sobelマスクの二項一般化
  • "StraightEdges"->s のオプション設定を使って線の直線度に基づいたエッジの選択が制御できる.デフォルト設定のではすべてのエッジが返される.と設定すると最長および最強の直線のみが選ばれる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

カラー画像のエッジを検出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

検出するエッジのスケールを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »