EdgeStyle

EdgeStyle
Graphおよび関連関数のオプションかつ特性で,辺のスタイルを指定する.

詳細詳細

  • 使用可能なオプション設定:
  • Automatic自動設定のスタイルを使う
    styleすべての辺に style を使う
    {viUndirectedEdgevj->styleij,...} を使う
  • 明示的な辺のスタイル を持つ辺は自動的なスタイルが使われるとみなされる.
  • ラッパーStyle[vUndirectedEdgew, style]Property[vUndirectedEdgew, EdgeStyle->style]に等しく,Graph等の関数でグラフを作成する際に使うことができる.
  • EdgeStyleは線と面に適用できる.
  • 複数のスタイル指示子を指定する場合はDirective[style1, style2, ...]を使う.
  • スタイルやその他の指定は事実上EdgeStyleStyleその他のラッパー,EdgeShapeFunctionの順に適用され,後で適用されたものが先に適用されたものに優先する.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »