EdgeWeight

EdgeWeight
Graphおよび関連関数のオプションかつ特性で,辺の重みを指定する.

詳細詳細

  • 使用可能なオプション設定:
  • {w1,w2,...}すべての辺の重みをEdgeListによるのと同じ順序で与える
  • ラッパーProperty[viUndirectedEdgevj, EdgeWeight->w]は,Graph等の関数でグラフを作成する際に使うことができる.
  • 重み は任意の式でよい.
  • 重み は費用や容量として解釈する,あるいは使用するグラフ計算関数によってその他の特別の意味を持たせることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

すべての辺の重みを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=

任意の数式を重みとして使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »