EventHandler

EventHandler[expr, {"event1":>action1, "event2":>action2, ...}]
expr との関連で起ったときは常に,を評価し expr として表示する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 標準的なマウス関連のイベント指定には次のようなものがある.
  • "MouseClicked"マウスを動かさずにクリック
    {"MouseClicked",i}マウスボタン i を動かさずにクリック
    "MouseDown"マウスの主ボタンを押す
    {"MouseDown",i}マウスボタン i を押す
    "MouseDragged"主ボタンを押しながらマウスを動かす
    {"MouseDragged",i}マウスボタン i を押しながらマウスを動かす
    "MouseMoved"expr で定義された領域内でマウスを動かす
    "MouseUp"マウスの主ボタンを離す
    {"MouseUp",i}マウスボタン i を離す
  • マウスイベントに関しては,の表示によって定義された長方形の領域内のマウスについてはEventHandler[expr, ...]がイベントを扱う.
  • 標準的なキーボード関連イベント指定には次のようなものがある.
  • "KeyDown"キーボード上の任意のキーを押す
    {"KeyDown","x"}x キーを押す
    "ReturnKeyDown"ReturnキーあるいはEnterキーを押す
    "EscapeKeyDown"Escキーを押す
    "LeftArrowKeyDown"左矢印キーを押す
    "RightArrowKeyDown"右矢印キーを押す
    "UpArrowKeyDown"上向き矢印キーを押す
    "DownArrowKeyDown"下向き矢印キーを押す
  • 標準的なインターフェースイベントには次のようなものがある.
  • {"MenuCommand","name"}指定された名前を選んで使うメニューコマンド
    "WindowClose"ウィンドウを閉じる要求
  • MousePositionCurrentValueのような関数が特定の で評価された場合,これらが与える値は を引き起したイベントと関連する.
  • EventHandlerの式がネストしている場合,デフォルトでイベントはすべての式に共有され,最も内側の式が最初に特定のイベントを処理する.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • PassEventsDownAutomaticより内側のイベントハンドラにイベントを渡すかどうか
    PassEventsUpTrueより外側のイベントハンドラにイベントを渡すかどうか
  • デフォルト設定のPassEventsDown->Automaticでは,EventHandlerが扱うイベントは,Mathematica フロントエンドの組込みのイベントハンドラには渡されない.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »