ExclusionsStyle

ExclusionsStyle
プロット関数のオプションで,Exclusionsによって除外された部分領域をどのように描画するかを指定する.

詳細詳細

  • 次の設定を使うことができる.
  • s除外された部分領域の内側にスタイル s を使う
    {s,sb}除外された部分領域の境界にスタイル を使う
    None除外された部分領域は空白のまま残す
    Automatic除外された部分領域を外側と同じように描画する
  • スタイル s とスタイル は,色,太さ,点の大きさその他のグラフィックス指示子を使うことができる.Directiveを使って複合指示子を与えることができる.
  • Plotのような単一パラメータのプロット関数では,ExclusionsStyle->s は,除外されたそれぞれの点の対辺を繋ぐ線の描画にスタイル s を使うように指定する.ExclusionsStyle->{s, sb}は,除外された点のどちらか片側の辺上の曲線の終点のスタイルに を使用するように指定する.
  • Plot3Dのようなパラメータが2つあるプロット関数では,ExclusionsStyle->s は,除外された各曲線の対辺を繋ぐ線織面の描画にスタイル s を使う.ExclusionsStyle->{s, sb}は,除外された曲線の片側の曲面の境界曲線にスタイル を使う.
  • DensityPlotでは,ExclusionsStyle->sExclusionsStyle->{s, s}と等しいとみなされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

曲面の除外された部分を示すのに赤を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲面の除外された部分を示すのに透過性を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲面の除隊された部分の周囲に赤を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲線の部分を繋ぐのに赤い線を,ジャンプがある部分に青い点を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

密度の不連続な部分を示すのに黒を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »