FaceForm

FaceForm[g]
多角形やその他の塗り潰されたグラフィックスオブジェクトの面を,グラフィックス指示子あるいはそのリスト を使って描くように指定するグラフィックス指示子である.

FaceForm[g, gback]
3Dの多角形の前面をグラフィックス指示子 g で,その裏面を指示子 gback を使って描画するようにを指定する.

詳細詳細

  • FaceForm[]は面を描かない.
  • FaceFormは2Dにも3Dにも使える.
  • FaceFormでは色,不透明度,表面の色の指示子,テクスチャ,素材を使うことができる.
  • FaceFormは,Polygonオブジェクト,Diskオブジェクト,Rectangleオブジェクトに適用することができる.
  • 三次元では,FaceForm以外でされた指定は多角形の前面と裏面の両方に適用される.
  • 多角形の前面とは,その頂点の定義された順が向かって反時計回りにみえる面を指す(右手系).
  • FaceForm[None, gback]は前面を描かないように指定する. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

辺と面のスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

表面と裏面に異なる特性を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »