FaceGrids

FaceGrids
3Dグラフィックスの関数のオプションとして使われ,境界ボックスの面に描く格子線を指定する.

詳細詳細

  • FaceGridsの設定可能な指定値:
  • None格子線を描かない
    Allすべての面に格子線を描く
    {face1,face2,...}指定された面に格子線を描く
    {{face1,{xgrid1,ygrid1}},...}格子線の詳細の指定
  • 面の指定にはの形式で与え, のうちの2つが,そして残る1つがまたはで記述されなければならない.
  • 例えば,最小の z 値を持つ x-y 面はと指定される.
  • それぞれの面について,仕様を与えて格子線の配置を決定することができる.これらの指定にはGridLinesの注釈に解説されている形式を使用することができる.
  • FaceGridsStyleは,面格子に使うデフォルトスタイルを返す. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

3Dグラフィックスのすべての面に格子を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

両方の - 面に格子を置く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

FaceGridsStyleを使って全体的な面格子のスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »