Filling

Filling
ListPlotPlotPlot3Dおよびその関連関数のオプションで,点,曲線,曲面にどのような充填(塗り潰し)を行うかを指定する.

詳細詳細

  • 以下の設定を用いることができる.
  • None充填は行わない(デフォルト)
    Axis軸まで充填する
    Bottomプロットの底まで充填する
    Topプロットの最上部まで充填する
    vv まで塗り潰す
    {m}m 番目のオブジェクトまで充填する
    {i1->p1,i2->p2,...}オブジェクト からオブジェクト まで充填する
    {i1->{p1,g1},...}k 番目の充填に指示子 を使う
    {i1->{p1,{g1-,g1+},...}}下の と上の を使う
  • 2Dグラフィックスでは,充填は 方向に行われる.
  • 3Dグラフィックスでは,充填は 方向と境界 xy 平面上で行われる.
  • ListPlotでは,充填によって各点の「幹」が描かれる.
  • 複数の曲線,曲面あるいは点のリストの場合,Filling->pFilling->{1->p, 2->p...}と等価である.
  • 一列に並ばない点のリスト間を充填する場合,「幹」は最初のリストの点から始まり,2番目のリストの点の間を線形に補間する位置まで拡張する. »
  • デフォルトでは,FillingStyleの設定で指定されるスタイルがすべての充填に使用される.
  • デフォルト設定を無効にするのに 形式の設定が使えることがある.
  • は,より下にある場合にはスタイル を,上にある場合は を使うように指定する.
  • は,Directiveで指定する複合指示子でもよい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

異なるレベルまで塗り潰す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数の曲線を塗り潰す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

点指向のプロットでの充填:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲面指向のプロットの塗り潰し:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »