FillingStyle

FillingStyle
ListPlotPlotPlot3Dおよびその関連関数のオプションであり,使用される充填(塗り潰し)のデフォルトスタイルを指定する.

詳細詳細

  • FillingStyle->g は,デフォルトで指定のグラフィックス指示子を使ってすべての充填を行うように指定する.
  • 使用可能な指示子にはOpacityHueがあり,ListPlotの場合はThicknessDashingも含まれる.
  • 指示子はDirective[g1, g2, ...]を使って組み合せることができる.
  • FillingStyle->{g-, g+}は,点,曲線あるいは曲面が充填されるオブジェクトの下にある場合は を使って,上にある場合は を使って充填するように指定する.
  • Fillingについての形式の設定を使って,FillingStyleで指定されたデフォルトスタイルを無効にすることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

明示的なFillingStyleを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

自動の塗り潰しスタイルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ColorFunctionとともに自動の塗り潰しスタイルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »