FindArgMax

FindArgMax[f, x]
f の極大値の位置 を与える.

FindArgMax[f, {x, x0}]
から検索を始め,f の極大値の位置 を与える.

FindArgMax[f, {{x, x0}, {y, y0}, ...}]
複数の変数を持つ関数の極大値の位置を与える.

FindArgMax[{f, cons}, {{x, x0}, {y, y0}, ...}]
条件 cons に従って極大値の位置を与える.

FindArgMax[{f, cons}, {x, y, ...}]
条件で定義された範囲内の点からスタートする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • FindArgMax[..., {x, y, ...}]は実質的に{x, y, ...}/.Last[FindMaximum[..., {x, y, ...}, ...]に等しい.
  • 変数の始点がリストで与えられる場合,変数の値は同じ次元のリストであるとみなされる.
  • cons は方程式,不等式,これらの論理結合を含むことができる.
  • FindArgMaxはまず変数の値を局所化し,次に記号化した変数で f を評価し,次に結果を繰り返し数値的に評価する.
  • FindArgMaxは属性HoldAllを有し,事実上Blockを使って変数を局所化する.
  • FindArgMax[f, {x, x0, x1}]x の最初の2つの値として使い導関数の使用を避けて f 内の極大値を探す.
  • FindArgMax[f, {x, x0, xmin, xmax}]は極大値を検索し,xから までの範囲外に出ると検索を中止する.
  • fcons の両方が線形の場合を除き,FindArgMaxが求めた結果は極大値には対応するが最大値には対応しない場合がある.
  • デフォルトで,すべての変数は実数であると想定される.
  • 線形の fcons について,xIntegersを使って変数が整数値のみを取るように指定することができる.
  • FindArgMaxFindMaximumと同じオブションを取る.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

一変数関数が最大となる点を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

関数Sin[x]Sin[2y]が最大となる点を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

制約条件に従って関数が最大となる点を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »