FindFit

FindFit[data, expr, pars, vars]
変数 vars の関数 exprに最もフィットするようなパラメータ の数値を求める.データはの形式が取れる.ただし,座標 x, y, ... の数はリスト vars 中の変数の数に等しいものとする.データはの形でもよい.この場合,座標は1つで, , ... の値を取ると仮定される.

FindFit[data, {expr, cons}, pars, vars]
パラメータの制約条件 cons のもとで最高のフィットを求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • FindFit, , ... に代入するもののリストを返す.
  • がすべて数値であるときは数値を返さなければならない.
  • は線形的にあるいは非線形的に に依存することができる.
  • 線形的な場合,FindFitは大域的な最適フィットを求める.
  • 非線形的な場合,FindFitは通常局所的な最適フィットしか求めない.
  • FindFit[data, expr, {{par1, p1}, {par2, p2}, ...}, vars]でフィットの探索を始める.
  • FindFitはデフォルトで最小二乗フィットを求める.
  • オプションNormFunction->f はノルム が最小になるように指定する.
  • 制約条件 cons は,方程式,不等式,およびにこれらの論理結合を含むことができる.
  • 可能なオプション:
  • AccuracyGoalAutomatic目標となる確度
    EvaluationMonitorNoneexpr が評価されたときに常に評価される式
    GradientAutomaticexpr の勾配要素のリスト
    MaxIterationsAutomatic使用する最大反復回数
    MethodAutomatic使用されるアルゴリズム
    NormFunctionNorm最小化のノルム
    PrecisionGoalAutomatic目標となる精度
    StepMonitorNone段階を取るたびに常に評価される式
    WorkingPrecisionAutomatic内部計算で使用する精度
  • AccuracyGoalPrecisionGoalのデフォルト設定はWorkingPrecision/2である.
  • AccuracyGoalPrecisionGoalの設定は返されるパラメータの値とNormFunctionの値の両方における目標桁数を指定する.
  • FindFitAccuracyGoalまたはPrecisionGoalで指定された目標が達成されるまで続ける.
  • Methodの可能な設定値には,等がある.デフォルト値はAutomaticである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

素数のリストの非線形フィットを求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最高のフィットのパラメータ をフィットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

フィットされた関数を評価する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 5 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »