FindGeometricTransform

FindGeometricTransform[pts1, pts2]
2つの配列 の間の幾何変換を求め,変換関数と整列誤差を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • FindGeometricTransformの形の式を返す.err は平均整列誤差の推定値,trfun は変換関数である.関数 trfun を位置 に適用して,これが位置 と並ぶようにすることができる.
  • 配列 は位置座標または Mathematica グラフィックスオブジェクトのリストとして与えることができる.
  • FindGeometricTransform[image1, image2]は2つの画像間の対応する点を使って幾何変換を求める.
  • FindGeometricTransformは任意の次元の点と組込みの二次元または三次元のグラフィックスプリミティブに使うことができる.
  • FindGeometricTransformオプションを取る.デフォルトで,これは与えられた位置集合に最適の幾何変換を自動的に求める.
  • オプションの可能な設定値:
  • "Translation"平行移動のみ
    "Rigid"回転と平行移動
    "Similarity"平行移動,回転,スケーリング
    "Affine"線形変換と平行移動
    "Perspective"一次分数変換
  • FindGeometricTransformMethodオプションを取ることができる.デフォルト設定は変換を計算する際に適したフィットメソッドを選ぶMethod->Automaticである.
  • 使用可能なメソッド:
  • "Linear"SVDに基づいた線形ソルバ
    "RANSAC"ランダムサンプルの合意メソッド
    "FindFit"FindFitを使う
  • の設定では,位置の中には外れ値とみなされ幾何変換を行うためには使われないものもある.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »