FindThreshold

FindThreshold[image]
image の強度値を2つの区間に分ける大域的閾値を求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • FindThresholdは任意の画像に使うことができる.これは,多チャンネル画像とカラー画像をグレースケールの画像に変換してから大域的閾値を求める.
  • FindThresholdは任意次元の実数配列にも使うことができる.
  • FindThreshold[image, Method->method]は閾値を決めるために使用するメソッドを指定する.
  • Methodオプションの使用可能な設定値:
  • {"BlackFraction",b}すべての画素を b の割合で黒にする
    "Cluster"クラスタ変数の最大化(大津のアルゴリズム)
    "Entropy"ヒストグラムエントロピーの最小化(Kapurのアルゴリズム)
    "Mean"レベル平均を閾値として使う
    "Median"画素レベルの中央値を閾値として使う
    "MinimumError"Kittler-Illingworth最小誤差閾値法
  • デフォルト設定はMethod->"Cluster"である.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »