FontSlant

FontSlant
StyleCell,およびその関連構文のオプションとして使われ,テキスト中の文字をどの程度傾斜させるか指定する.

詳細詳細

  • 通常の設定値はPlainおよびItalicである.
  • ほとんどのコンピュータシステムでは,FontSlant->"Oblique"等の設定も使うことができる.
  • が設定されているとき,個々の文字に適用されるフォントは,Plainと同じ基本形であるが,斜体になっている.Italicの設定のときは,基本形が異なる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

プレーンなフォント:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

斜体フォント:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

オプションを使わずに,斜体フォントを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

斜体フォントはスタイル関連のオプションで指定できる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 3 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »