FontVariations

FontVariations
StyleCellおよび関連構文のオプションで,フォントのどのような異体字を使うかを指定する.

詳細詳細

  • FontVariations->{"var1", "var2", ...}は,指定されたフォントの異体字を使う.
  • 典型的な使用可能の異体字には等がある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

下線付きのテキスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

取り消し線付きのテキスト:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

両者を組み合せる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »