FrameMargins

FrameMargins
枠付きで表示できるオブジェクトのオプションで,枠の内側に残す絶対余白を印刷用ポイント数で指定する.

詳細詳細

  • 可能な設定は以下の通りである.
  • distすべての辺に同じ余白を設ける
    {{left,right},{bottom,top}}辺によって余白を変える

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

定義済みの余白を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

枠の余白を印刷用ポイント数で指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

各辺に異なる余白を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »