FunctionSpace

FunctionSpace
FindSequenceFunctionおよび関連関数のオプションで,表現の際に考慮すべき関数のスペースを指定する.

詳細詳細

  • FunctionSpace->s という明示的な設定のときは,タイプ s の関数のみが考慮される.
  • FunctionSpace->{s1, s2, ...}は,, , ... タイプを考慮するように指定する.
  • FunctionSpace->Allは使用可能なすべてのタイプを考慮する.
  • 離散関数の可能なタイプ:
  • "Polynomial"多項式
    "RationalFunction"有理関数
    "HypergeometricTerm"超幾何項
    "ConstantRecursive"定数係数差分方程式の解
    "HolonomicSequence"多項式係数差分方程式の解
  • 連分数の使用可能なタイプ:
  • "Polynomial"多項式
    "RationalFunction"有理関数
    "Hypergeometric"超幾何関数
    "HolonomicFunction"多項式係数微分方程式の解

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

デフォルトで,可能な場合は小さな母関数が求められる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

FunctionSpaceを使って求める形式を制御する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »