GapPenalty

GapPenalty
SequenceAlignmentおよび関連関数のオプションで,連続する挿入あるいは削除に対応する各ギャップに関連した追加コストを与える

詳細詳細

  • GapPenalty->p は,列の類似性は数列を揃えるために必要である一連の挿入あるいは削除のそれぞれから抽出した量 p を持たなければならないと指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトで,アラインメントには2つのギャップが伴う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ギャップの追加コストを増すと他のギャップが少なくなる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

デフォルトのアラインメントスコア:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ギャップに追加コストを加える:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »