GeneratedParameters

GeneratedParameters
各種の記号的操作の結果を表すために生成されたパラメータをどのように名付けるかを指定するオプションである.

詳細詳細

  • 典型的なデフォルト設定はGeneratedParameters->Cである.
  • GeneratedParameters->f の設定は,連続して生成されたパラメータにf[1], f[2], ... と名付けるように指定する.
  • が方程式の解の族をパラメータ化するのに使われているのは,典型的な例である.
  • は通常自由パラメータに対応するが,ときには任意の関数を表すために使われる.
  • は特定の記号的操作の呼出しに1から始まる指標を付ける.
  • GeneratedParameters->(Module[{C}, C]&)は,たとえ関数が別の呼出しで呼び出された場合でも,パラメータが一意的であることを保障する.
  • GeneratedParametersDSolveRSolveReduce等の関数のオプションである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

代数方程式の一般解:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

微分方程式の一般解:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

差分方程式の一般解:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »